交通事故の専門弁護士大分の3選を見る前に

大分で交通事故にあってしまった場合、あなたならどうしますか?

 

一般的には警察に連絡をし保険会社を通して示談交渉を進めていくと思います。

 

ですが、示談交渉は弁護士にお願いすると慰謝料(賠償額)が大幅に増額するのです。

 

大分には交通事故を専門に扱っている弁護士事務所が多数ありますので、

 

実績や口コミをもとにランキング形式でご紹介します。

 

一般的にはあまり知られていない交通事故の慰謝料(賠償額)の設定方法や、

 

経験者の体験談も掲載していますので参考にして下さい。

大分の交通事故の慰謝料はどうしてが安いのか?

大分で交通事故に巻き込まれたら相手方へ慰謝料などの損害賠償請求をします。この際に、相手側の保険会社と示談のための交渉をしていきますが、その際に、支払いを受けられる慰謝料が思ったよりもかなり少なくかなり多くのひとが不満をいだきます。

 

どうして大分での交通事故の慰謝料が少なくなるのでしょうか?これからその訳を説明します。

 

保険会社から提示された不利な条件に気づけない

交通事故時の賠償金については、支払い義務を任意保険会社が負うのですが、大分の任意保険会社も営利が目的ですから、当たり前ですが、自分の支払いは抑えようとします。

 

そのため、保険会社は被害者と示談交渉をする時には様々な理由をつけ、賠償金の金額を減額してきます。被害者に法的な知識がないと、不都合な条件提示でも気づくことなく示談してしまします。

 

このように、大分の任意保険会社の基本的なスタンスは保険料の支払金を少なくしようとするため、慰謝料の金額も最少にされることも少なくないのですが、不利な条件に被害者は気づくことなく慰謝料が少なくなります。

 

任意保険基準を使って計算されている

慰謝料が少なくなる理由には、慰謝料の金額の計算の仕方も関連しています。被害者が自力で任意保険会社と示談に向けて交渉をする場合には、任意保険基準という計算方法を使用します。

 

慰謝料の金額を計算する方法には、自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準の3つがあり、任意保険基準はこの3種類中、中間の金額が使われます。自賠責基準よりは高額になるが、弁護士・裁判基準よりは大幅に安くなるのです。

 

よって、被害者が任意保険会社と示談のための交渉をする場合、裁判で認められているような高い額の慰謝料の支払いを受けることは不可能になります。

 

このように、大分の任意保険会社は任意保険基準から慰謝料を導き出すので、支給される慰謝料の金額が低くなってしまいます。

 

後遺障害の等級認定がない

高額な慰謝料の請求を交通事故において行うためには、後遺障害の等級認定を受けることが本当に重要です。後遺障害とは、交通事故後に入通院治療を続けて症状固定しても、残った症状のことです。

 

後遺障害が後にまで残ると、その内容や度合いに対して後遺障害慰謝料の支払いを請求することができます。後遺障害のレベルは14まであり、等級も加味されて支払いを受けられる後遺障害慰謝料の金額が大きく異なります。

 

この際に、被害者が自分で対応していると、後遺障害の等級認定を受けていなかったり、要求しても適切な等級の認定を受けられていなかったりするケースが多いです。

交通事故の専門弁護士大分の3選

交通事故に強い大分の弁護士の慰謝料が上がる理由と示談交渉

大分で交通事故の慰謝料を要求をする場合、弁護士に任せると受け取ることができる金額がかなり増えることが多いです。このことは、慰謝料の計算方法と交渉のプロによる示談交渉の方法が大きく影響しています。

 

どうして弁護士に交渉を任せると、慰謝料として受け取ることができる金額が上がるのでしょうか?今回は、大分での交通事故を弁護士にお願いすると慰謝料が増額するわけと弁護士の示談に向けた交渉が上手なわけをお話します。

 

慰謝料計算の基準は3つ

大分での交通事故でなるべくたくさんの慰謝料を支給してもらうには、慰謝料を計算する方法が重要なポイントです。大分での交通事故での慰謝料の計算方法には、自賠責基準と任意保険基準、加えて弁護士・裁判基準の3種が使われます。

 

自賠責基準とは、損害賠償金を自賠責保険で算定する時に利用される基準です。任意保険基準とは、任意保険会社を相手に示談交渉をする際に損害賠償金を導き出すための基準になります。

 

弁護士・裁判基準というのは何かというと、弁護士が示談交渉をしたり、裁判によって決定するために裁判所が使ったりする基準です。めいめいの基準ではじき出された慰謝料の額は自賠責基準、任意保険基準、弁護士・裁判基準の順に安価になります。

 

被害者が自分自身で任意保険会社を相手に示談交渉をする時には、任意保険基準を用いて慰謝料が算出されてしまいますが、弁護士に示談交渉や訴訟を一任すると、高額な弁護士・裁判基準から慰謝料を示してもらえるので、受け取る慰謝料がぐっと増額されます。

 

慰謝料はどのくらい上がるのか

・入通院に費やした分の慰謝料
弁護士・裁判基準で慰謝料を割り出したとき、どの程度具体的に慰謝料のが増額するのでしょうか。まずは入通院に対する慰謝料です。入通院慰謝料というのは事故に遭い被害を受けたことによって入通院に関する慰謝料のことで、入通院の日数に応じて増額されていきます。

 

たとえば、通院に3ヶ月必要だったら、任意保険基準で割り出すと入通院慰謝料は37.8万円程度ですが、弁護士・裁判基準を使うと、受け取ることができる金額は、53万円から73万円程度になります。

 

・後遺障害慰謝料について
次に、後遺障害慰謝料について学びましょう。後遺障害慰謝料とは、事故の被害によって後遺障害が残った場合、障害の内容や程度に応じて受け取ることができる慰謝料のことです。

 

たとえば、後遺障害14級がむちうちなどで認定されると、任意保険基準だと、後遺障害慰謝料は金額40万円になりますが、弁護士・裁判基準の場合には110万にもなります。

 

後遺障害6級の認定を受けると、任意保険基準なら600万円ですが、弁護士・裁判基準の場合では1180万円支払われますし、後遺障害1級の場合には、任意保険基準なら1600万円程度ですが、弁護士・裁判基準を使うと、2800万円も受け取ることができる可能性があります。

 

・死亡した場合における慰謝料について
死亡慰謝料も、弁護士基準だと慰謝料は上がります。たとえば、その家の経済的な支柱が亡くなった場合には、任意保険基準になると、1500万円?2000万円程ですが、大体53万から73万支給されます。

 

弁護士の示談交渉術が優れているわけ

交通事故の示談に向けた交渉を弁護士に依頼すると慰謝料がアップするのは、弁護士の示談交渉術が優れているためです。

 

弁護士は、多くの交通事故事件を取り扱っており、相手側についている任意保険会社がどように出てくるかを予測して、最も良い論を組み立てることができます。

 

また、法的な知識にも通じているので、それらを使いこなして被害者の有利に交渉をすすめていけます。判例などもたくさん知っていますし、資料たくさんあるため、関係事項や知るべきことがあればすぐに調べて、裁判のことまで見越して示談交渉をすすめる技術があります。

 

このことから、弁護士の示談交渉術はとても優れているので、大分での交通事故は弁護士に任せると交渉をこちらの利益になるように進めて、結果的に受け取れる慰謝料の金額が大きく上がるのです。

交通事故専門の弁護士を大分探す為には?相談方法は?

大分で交通事故に遭ってしまったら、相手方保険会社との示談交渉手続きを弁護士がすると、慰謝料の金額が大幅にアップするなどの良いことがありますが、依頼するとき、どんな弁護士でも良いのではないのです。

 

有利に示談交渉をすすめるためには、大分での交通事故に精通している弁護士を見つける必要があります。そこでここでは、交通事故に明るい弁護士探しのポイントと相談方法についてご説明します。

 

ホームページの内容をチェックする

大分での交通事故の交渉に明るい弁護士を探すときは、護士事務所のホームページの記載を確認することが重要です。ホームページで、弁護士事務所の特色がわかるものです。

 

サイトに、交通事故関係の記載が多い事務所は交通事故事件に力を入れていることが多いです。交通事故の手続きの流れについてや用語集など、弁護士のコラムやブログも目を通し、交通事故の記述が明瞭で充実している事務所を探しましょう。

 

弁護士の今までの経歴も大切です。交通事故関係の本を執筆していたり、交通事故委員会に入っていたりしていることがある時は交通事故に精通している弁護士である可能性が少なくありません。

 

サイト上に「交通事故専門」とあったり、交通事故の無料相談を実施したりしている事務所も交通事故に積極的な取り組みをしている可能性が高いです。

 

実際に面談をし、確かめる

大分の交通事故に強い弁護士を探すためには、実際に弁護士と面接して確認することも必須です。ホームページ上にあることのみでは情報に限度がどうしてもあります。

 

交通事故をよく知っている弁護士は、相談の時に今後のついてや事件の目処などをはっきりと解き明かしてくれるものなのです。気になることを聞いた時に、きちんとわかりやすい説明やアドバイスをくれる弁護士に手続きを実際に依頼しましょう。

 

関連の資料を準備する

弁護士に対して行う法律相談を有意に進めていくためには、事前の用意も必要です。第一に、交通事故に関する資料を用意しましょう。具体的にいうと、以下のものを用意できれば良いでしょう。

 

1,交通事故証明書
2,事故状況の図面やメモ
3,交通事故が起こった場所の地図
4,相手方保険会社から届いた資料
5,こちらから送った書類のコピー
6,診断書
7,後遺障害認定通知書または決定書
8,物損の場合の修理見積書など

 

知りたいことをメモにしておく

弁護士に法律相談をするために面談をする場合には、聞きたい内容について、事前に箇条書きでも良いのメモにしておくと、役立ちます。

 

そうでないと、その場では何を知りたかったのかをわからなくなってしまうことがありますし、とっさにどのようなことを尋ねたら良いのか発想できないことなどもあります。

 

すると、後から、聞きたかったことを聞き逃して後悔してしまいます。それを防ぐために、事前に疑問点をはっきりさせておいて知りたい事柄をメモで持っていきましょう。

 

弁護士より提言してもらう時には、メモに弁護士の回答内容を書くと、帰宅後もその内容を知ることができるので役立ちます。

 

以上のように、大分の交通事故の事件を弁護士に任せる時には、交通事故に関する事件に強い弁護士を探し出して、用意を前もってして、相談しましょう。

交通事故に強い弁護士に相談して慰謝料がアップし示談成立した大分の体験談

大分で交通事故における被害者となったら、相手についている保険会社と示談のための交渉をする際には、弁護士にお任せすると慰謝料がぐっと増えることが多いです。

 

実際にどのくらい受け取る慰謝料がアップするのか、具体的な体験談を読んで把握してみましょう。次は、弁護士にアドバイスをもらいながら示談を成立させたことによって、慰謝料が大きくアップした人の体験談を読んでください。

 

後遺障害等級認定を受けたことで、受け取った慰謝料が大幅にアップしたAさん

大分で交通事故に遭い、首の調子が悪くなったAさん。通院して治療をしていました。ですが、3ヶ月目くらいのころ、保険会社の側から「もう治療期間は終わりなので、示談交渉をしたい」と言われてしまい、慰謝料として40万円支払うという提示がありました。

 

この対応に合意できず、Aさんは弁護士に法律に関して相談に行きました。すると、弁護士からは、きっちり症状固定するまで治療を続けて、後遺障害等級認定を得るよう、アドバイスされました。

 

そこで、弁護士と示談交渉に向けて協力し、症状が固定するまで6ヶ月間延長して、通院治療しました。このことで、入通院慰謝料が89万円に増やされて、さらに後遺障害慰謝料も110万円支払ってもらえるようになりました。

 

結果的には慰謝料でAさんは、合計199万円もの支払いを受けることができ、もらえた慰謝料が大幅にアップしました。

 

弁護士基準で計算をして慰謝料がぐっとアップしたBさん

大分の交通事故のせいで手を怪我したBさん。通院して治療をしたのですが、症状が固定した後も親指の様子が快復しなかったので、後遺障害の9級との等級認定がされました。

 

任意保険会社からは、後遺障害慰謝料の支払いとして、300万円、支払いうという提案を受けました。入通院慰謝料は、入院1ヶ月、通院6ヶ月という期間をもとに見積もって、
示されたのは83.2万円だったので、全部で慰謝料は383.2万円と示されました。

 

提案に納得できなかったBさんは、相談を弁護士にしたところ、弁護士なら弁護士・裁判基準を用いて慰謝料を計算できるので、もらえるお金が増えるという教えられました。

 

そこで、Bさんは弁護士に示談の交渉をやってもらうと、弁護士・裁判基準で慰謝料を計算して、入通院慰謝料は149万円貰えることになり、後遺障害慰謝料は690万円にアップしました。Bさんは最終的に、全部で839万円もの慰謝料を受け取れました。

 

過失割合が減少し、支払われる慰謝料が上がったCさん


大分で交通事故に巻き込まれて示談交渉をしたCさんは、慰謝料は200万円でふたりとも了承しましたが、相手側の保険会社から、Cさんの過失割合が4割もあると言い張られてしまい、200万円×(1−40%)=120万円の支払いをすると言われました。

 

この過失割合が了解できなかったCさんは、相談を弁護士にし、示談交渉を依頼しました。そうすると、弁護士・裁判基準を用いて慰謝料を計算してもらい損害賠償金額が300万円に上がりました。

 

さらに、過失割合を30%にしてもらい、もらえる慰謝料の金額は300万円×(1−30%)=210万円になりました。

 

以上のように、弁護士に損害賠償請求手続きをお願い、大幅に増えることも少なくないです。大分で交通事故に遭ったら、是非とも弁護士を訪ねて示談交渉手続きを依頼してみましょう。